読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸惑いの惑星 感想

(考察は全くしてない、可愛い!!!とただ悶えながら書いたメモを整理したもの。多分私にしか理解できないくらいのめちゃくちゃ。というか読み返しても何のことか分からないやつも多々あり。)

 

※セリフはニュアンス!

※自担が異常に多いのは許して下さい

※ちぎ翼後らへんはメモどころじゃなかったのでほぼ無い

 

-----------

 

良質な舞台作品だった。正直いつもはストーリーより長野くんの表情、動作を一瞬も逃したくない!って必死だけど、今回はそんなこと考える余裕がないくらいにストーリーに引き込まれた。長野くんの喋り方って本当に上品な声。あと演技上手くなってた。とにかく語尾とかに品の良さが出てた。

【三池】

「知ってるよ」の言い方優しすぎて泣ける。「この時の長谷川はまだ病状は出たり出なかったり~」急に説明口調になるのイケメンすぎる。2階から見下ろす姿スタイル良すぎる。トロンボーンが短く見えるスタイルやべえ世界一ボーンが似合いますあなたは。「話題間違えた~」お腹さすさす可愛い。「わりぃ書きかけのもないんだ」とがってる三池くん(T_T)とりあえずスタイルよすぎない…??壁にペンキ塗ってる三池くんの心境考えたら…辛い。「何年この仕事やってんだよ!」初見マジでビビった。893変なところで優しい説。漢字を沢山使ってくれ!って単純すぎて可愛い。「もういっぺん言ってみろー」「じゃーな」の目好き。三池「いいからいろよ」はい!?!?!?なんでそんなエロチックなの!?!?誘ってんの!?(自重)会話もそこそこにキスをして部屋に誘うミュージカル男。あ↑いのぅだ~はぴねす!Singの指鳴らしながら後ろ歩きしてる三池さんマジかっこいい。ちゃんとトイレのドアを開ける優しい三池くん。かけ合い上手。

【由利】

「受け取ってほしいと」と「読んで欲しいみたい」の芝居がかった声が好き。答えましょ!ん~(^~^・)身振りが可愛い。五千億年🖐🏻音楽が流れてきましたねぇ(笑)かわゆ。占いの話の時の、気にならない👋🏻の呆れた笑い顔。「浦安でしょ?」の指す指愛しい☝️🏻どうすごいの?の言い方が好き。いのっし↑っし↑博いつも「人格そうし症…」って言うけど勘違いしてるの?それとも聞こえないだけ?「Wikipediaによると…」さっきまで可愛い博ちゃんだったのに急にイケメンさんなるからビビる。「知ってるといっても俺たちは微妙な関係でした~」一連の声のトーンが好きすぎる。三池に「由利くんじゃない?」って聞かれて後ずさりする由利くんしんど。てか衣装のアイロンかかってない感じ素敵すぎる。「いいよっ」「いいよぉ」こんな可愛いいいよありますか???ありません(断言)ホルン吹いてる顔普通にイケメン。cyd高音パートすごく頑張ってて泣けた。未来うぉ~~!!!!ってほぼ叫びながら歌ってた。病院の椅子の座り方辛い。小説をのぞき込む三池と由利。一緒に歩幅を揃えて小説を読む三池と由利サッと原稿をとる由利。「「結局俺達は長谷川が書いた小説読むことにした」」坂長尊いアーメン🙏🏻「またぁ~?」「俺も~!」小学生可愛い(T_T)得意のお口ムッ!駄々こねないで~可愛い(T_T)編集坂本くんと長谷川くんの後ろにいる長野くん微動だにしない。俯き加減めちゃくちゃ美人。編集長野くんのイヤミっぷりまじでいそう。名刺の出し方好き。原稿押さえながらテーブル裏に持っていくとこ可愛い。「はいこれチップチップ」「とっといて」上がり気味の声可愛い。白衣姿の由利くんカワイイ「あれなんでなんでしょうね?」の声世界一好き。長野くんの声って本当可愛い。「こんな話信じられませんか?」悲しそうな由利くん…辛すぎる…ため息つかないで泣きそう…。「多分デマですが」あ゛あ゛カワイイ…。ファイルをパラパラ、重たい荷物を運ぶ姿…演技頑張ってる可愛い。ていうか演技してる時の声なんであんなに可愛いんだろう。不惑の振りめちゃくちゃ好き。「~なぜなんだろう」坂長ああ!!!!!!!「滞った血を~」上の方を指さして切ない表情…。「~土砂降り」の前の坂長すれ違うと普通に萌える。一緒に歩幅揃えながらバックして椅子に座るのただただ坂長で興奮する。原稿をバッ!と持って「ちょっと待って!なにこれ?」過呼吸起こすって!!!!カワイイ本当に44歳???「今どうしてんの?」こんな顔して心配したら惚れるわ!!!マダム博爆死!!!!!「てーがーみ出来てます?」「どれどれなになに」「~言わなかっただけ」語尾が好きただの品のいいババア。デカめのサングラスとカツラがいい仕事してる。変に長いカツラじゃないし、サングラスのおかけで顔の造形美が際立つ。声のトーンも指の動きも女性的だし、足とか内股だからね!?!?それで違和感ないから辛い。デトックスっていう単語が長野博の口から聞けるとは思わなかった…G2さんありがとう…。コートのファーも素敵。あとくびれもあるからビビったよね。スタイルの良さが際立つ。襟をただして登場する由利くん「ならない、でしょうか…」一生懸命やっているのに理解してもらえない、認めてもらえない由利くん。本当に切ない。「バーボンロック、ダブルで」お酒飲めないのに可愛い~~~!!(滝涙)Singの夕ドロ振り付け可愛い。鮮明に覚えてるけどどうメモればいいか…由利ママの手紙を聞いてリアクションしてる由利くん(T_T)「人生は悲劇ですか?それとも喜劇ですか?」の時に顔を隠しながら嘆いている由利くんたまらん。頑なにトイレのドアを開けない、ドアの外側を見ない由利くんの頑固さが好き!!!!やだ絶対見たくない✋🏻(^▽^・)三池くんに「信じられるか!」ってキレられても「そうだ俺が信じなきゃ」ってなる育ちのいい由利くん(?)重力Gの~難しい言葉言ってるようで言ってないという(笑)「よし!今上腕二頭筋上げようとか~意識してるか?」(^▽^・)✊🏻うん(^▽^・)のトーンが好き「アスリートに学ぶ」説明口調のトーンマジ好きありがとう。三池くんのこと「お前」って呼ぶ由利くん可愛い。そうだよね~同級生だもんね~♡「脱出」めっちゃ言いにくそうでヒヤヒヤした=可愛い「実証するのはお前の係だ」係とか言っちゃ由利くん可愛い。ちぎれた翼の破壊力。・°°・(>_<)・°°・。「希望から絶望へと~」の振り…目を閉じて何かを感じているかのような表情のエロさ…今まで見た長野くんでもここまで暴力的なエロもなかなかない…。サビのハモリ素敵すぎ…。てかダンス謎すぎて逆に神秘だったわ…オルゴール入った箱坂長でとった時儚すぎて…。(^▽^・)お前が開けるのか(●●)係だからな!「追伸、真の芸術美しいばかりではなくむごく残酷なものでもある。どうかその惨さに向き合って下さい。」っていう言葉が胸に刺さる。daysの時長野くんもウルウルしてるのが見えて心臓が苦しくなった。間奏のアレンジ泣く。アウトロの場面転換泣く。

【長谷川】

ミッキーの真似するとこただの井ノ原。「えっ!はせっち!?」「井ノ原ですらない!?」崩れ落ち方上手。「長谷川です」っていう一連の流れが好きすぎる。つむじ可愛いフォルム愛しい(T_T)白すぎて消えそう…。「やったあ!授業中に堂々と文章が書ける!」可愛いすぎだろおい。「泣く子はいねえ~か!」✊🏻の腕可愛い。大学教授の井ノ原さんの声すごいどこから出してるの…「スマンスマン」長野くんの脇腹ちょんちょんしてるの可愛い。不惑の歌の途中「代筆の仕事やってみることにしました」「~世界は見違えるものになっていたのかも知れません」切なくて辛い。893坂本さんにビビってる長谷川くん普通にただただ可愛い。ん~~~!!の悩み顔。「君は…!」「自分の目を疑った何度も目を擦った…」長谷川くん辛すぎて全部のセリフで泣きそうになる。バーテン井ノ原さんが出入りするの三階席から見えたけどカウンターの後ろに小さい扉があって、その扉を優しく開けて出入りしててめちゃくちゃ悶えた。ちぎれた翼の長谷川登場イケメンすぎな??ねえ…本当長谷川くん…切なすぎる…。「自分で作った曲が誰かの手によって演奏されている!思わず彼女はかけよった~」daysの「I love you」の切なさ…なんでこんなにも切なく歌えるんだろう。

 

 

-----------

 

 

考察とか、もっとまともな感想は後日。

ただの壁打ちで笑った~でも私メモそんなに頑張ってないのに記憶力すげえ

舞台の距離感

フォエプラ再演決定ということで私の初現場であるフォエプラをこの機会に懐古したいと思います!


ーーーーーーー


セクバニは親の許可が降りなくて行けず、OMGは入試、入学オリエンテーションなど休めない行事とことごとく被り断念、そしてやっと念願の生長野くんを見れたのがこのフォエプラだったんです。

チケットは4列目の1番通路側、このチケットの価値も分からず何の心の準備もしないまま当日を迎えいざ会場に入ると

近い!!!!!!

えっ!?ナニコレ!?近すぎない!?しかも通路横だから出入り楽~!初めての現場でコレとかすごい!!!!(感涙)

舞台の距離感の近さにテンションMAX緊張MAXで開場前に飲んだドトールのミルクティーを戻しそうになりながらもドキドキしながら待ってると、ついに照明が落ち音楽が流れはじめました。

(うわ~遂に始まったよ....!!!)

....
........
............
................

ナニコレ全然長野くん出てこないんだけど()
明らかに舞台は始まってるはずなのに肝心の四人が舞台に全く登場せず私の頭の中はクエスチョンマークでいっぱいに。そうしてしばらく待っていると不意に後ろに人の気配を感じ何の気なしに振り返ってみると



長野博



....っ!?!?!?!?!?
パニック、あれをパニックと言わずに何と表現できるでしょうか。頭の中は真っ白になり自分の状況が全く理解出来ない感覚....。ただでさえ初めての現場なのに初めて私の視界に写った生長野博が手を伸ばさずとも触れられる距離、3cmも満たない近さで立ってるんですから!!!!

しかも、
真っ暗な中手に持っているロウソク一本だけで照らされているこの世のものとは思えない美しい顔....そして私の隣で美しい生歌を披露....

人間って怖いですね~
急に想像もしてなかったことが起きるとどうしたらいいのか分からず、結局二重の幅と左目上のホクロを見つめ続けるという謎の行為に走るという....


そしてこれだけでは終わりませんでした。
舞台の途中にお客さんをステージに上げてお客さんのピアノの伴奏に合わせて歌って踊るという演出がありました。しかも長野くんが後ろからハグ(してる様な状態)されながら一緒に弾いて教えて貰えるという特典付き。

やりたい子は手を挙げて~!
という声に控えめに手を挙げる私。
そうすると松岡さん演じるスパーキーが「いち、に、....4列目に座ってる控えめに手挙げてる女の子!」

私!?!?私なの!?!?

明らかに私を指さしニコニコ笑ってるスパーキー!
「よ~し!じゃあ迎えに行っちゃうぞ!」
とどんどん私の席に近づいてくる川平さん演じるフランシス。
どうしよ!?えっ!?嘘嘘....!!緊張のあまり目がくらみ死にそうになりながら待っていると


....あれ????


スっと私の横を抜けてくフランシス。そして私の後ろの席の女性を引っ張って行くフランシス。


そうです。確実にフランシスは間違えて私の後ろの女性を連れて行きました。私は放心状態。スパーキーも一瞬えっ?という顔をしながらも流石プロ。そのまま何もなかったかのように進んでいく舞台....私が上がるはずだったステージで長野くんにバックハグされながらピアノを弾く後ろの女性....正直そこから記憶が飛んでしまいました....覚えてるのは申し訳なさなのか同情なのかは分からないけどそこから異常な程に目の合うスパーキー....舞台の最初の方から結構松岡さんと目が合っていましたがそれ以上に合う視線。松岡さん、ありがとう救われました(泣)


ーーーーーーー


と、まあこんな感じになります。
この日の衝撃が多すぎて他公演は省略。

勢いに任せて打った拙い文章ですがここまで読んでくれた方ありがとうございます。

ON THE TOWN 感想

レポ V6

今更だけど、ON THE TOWNの感想出てきたんで自分用に残します~~こういう殴り書きのほうが意外と後から読んだとき面白いんだよね!


--------


初生イノッチはかっこよすぎた、眉毛凛々しかった!決め顔がいつもふざける時にやる顔と一緒で可愛かった。「夢中になってしまう~」が何気全部の曲の中で一番好き。「バーゲンで自分で服屋が開けるほど買ってしまう」「映画館で女優に感情移入してしまう」最初出会ってすぐちゅうかよ....そして家に上がりこむ....で、ちゅう....バレる....クズかよ....博物館のシーンお尻のサイズ計ろうとしてたとこ可愛すぎた「にゅ〜よ~くにゅ~よ~く」
博はとりあえず可愛すぎた白過ぎて儚げで消えそうだった....本気で女優さんに惚れられてそうで怖い....表情とかいちいち可愛すぎて....得意の、むっ!ていう口してたし、舌で唇ペロッてしてた....ヒルディーにあんなに言い寄られても交わす博さすが....事故(ヒルディーの故意)で抱き合って....そしてちゅう....お前もかよ....そして家に上がり込む....お前もかよ....で、ちゅうする....お前もかry邪魔が入ってきてうずうずする博ぐうかわ。野菜をナイスキャッチ博。ヒルディーが飛び込んできてソファーの上で抱き合う2人。とりあえずお二人の絡み美味しかったありがとう。足こけさせてた....夜はリアルこけしてた....ヒルディーが博のお顔さすってた恋人繋ぎしてた密着しながら踊ってた(二回)おっぱい当たってた股間当ててた、ヒルディーさん持ち上げて回してたいわゆるリフトってやつあれをやってる博が見れる日が来るとは....これは紳士しかできないやつ「ゲイビーのために頑張ったし!恋しちゃってもいいか!」おいおい、さっきまで断ってたじゃねえか、そのくせ家上がりこんだら早くシたいシたいオーラやばいし。電車シーンであすなろ抱きしてた時男前すぎて震えた。恋人繋ぎも素敵。ヒルディーみるチップが紳士過ぎて....長野氏、壁ドンんんんん!?あの長野氏が!?!?は!?!?クソかっこいいしぬ
坂本さんは絶対エロの魔人住んでる特に腰のあたりに。(真顔)半裸くねくねダンスの破壊力舐めてた。あれ最前でみてたら確実にあの世行きだった。雄っぱい絶対Bある。坂本さんガリガリに痩せてるのに、ちゃんと鍛えてるから体に厚みがあって素敵だった。あの体はなかなかなれないよ....唯一ちゅうしてないくせに絡みが凄すぎて....あの顔は完全に最中....アイビィの足元から先まで顔、口を近づいて上がる様....アイビィの後ろに立って両腕捕まえて動く様....後ろから手で体を舐め回す様....でもでもそんな変態野郎!可愛いシーンも多かったよ!結構一番純粋だと思うのだけど....セリフの呟き方が可愛いかった。あと世界から恋がなくなると心が空っぽさ的な歌の時の鳥肌....うますぎて....あやつはミュージカルスタアになるために生まれてきたわ....電車に一人で乗ってて、その電車がぐーんって動く時の動じなささ可愛い。アイビィと会った時可愛かった。「?....!?アイビィ!?」的な。「ゲイビーのお通りだ」ww
イノッチが寝てた長野くんの太ももをバンバン叩いてて夕ドロ....ってなった。坂長結構多かった。坂本くんの膝に長野くん乗ってて死んだ。ちょこん!って!そして見つめあってた坂本くん凄い優しい顔してた後肩くんだり、坂本くんのために長野くんが歌ったり
「今夜デートしないか こんやでえっとっしなっいっか」


--------

多分自分しか理解できないくらい滅茶苦茶

自担について。

V6

はじめてみました。はてなブログ。いつまで続くか分かりませんがゆるーく自己満でやっていければなと思います。拙い文章ですがよろしくお願いいたします。


さて、記念すべき最初の記事は自担について。私の担当はV6の長野博です。パッとしない代表、長野博

初めての出会いはカミスンのセクバニでした。当時ジャニーズに苦手意識があった私はあの大きなクチビルのセットを見て、何これ気持ち悪い…とドン引き。そしてその後に見たMステにも悪趣味なでっかいクチビルが....。私にはそれが衝撃的で、もはやここまでくると興味が湧いてきたと、速攻ググってPVをみました。するとそこにはキラキラ輝く眩しい人が一人いるのではないですか!!!それが長野さんだったと言うわけです。そこから落ちるのは早く、次の日には近所のCD屋さんに行ってVIBESのDVDを購入。そしてここでまた衝撃を受けました。それまで私はポルノグラフィティなどバンドが好きで、バンド特有のメインステージしかないLIVEしか見たことが無く、それが普通だと思っていたのです。しかし再生してみるとメンバーがメインステージを飛び出してセンステ、バクステを動き回って愛嬌をふりまくる....こんなに動く!?ファンサービス良すぎて怖い....と戦慄しました。映像を使い、炎を使い、そしてステージが上がったり下がったり....華やかな世界は私の心をがっしりと。

....う~ん、つい脱線(笑)長野さんについて語るつもりがV6についての話になってしまいました(笑)まあ話を戻します。

私が「長野くん好きなんだ~」と言うと必ずと言って言われるのが「真面目そう」「堅実って感じ」「優しそう」この3つ。この言葉を聞くと長野って世間からみると地味なんだなって思います。面倒くさいことに長野博が絡むととことんネガティブ思考になる私....だから冒頭で言ったみたいに地味代表、だなんで貶しちゃうんです。
あるアイドル誌でV6のコンサートの記事で長野さんについてこう書かれていたこともありました。

尖った個性が集まるV6の中でひとり、まろやかで安定感があるバランサーのような存在。常にメンバーを思いやる謙遜の美。しかし、スーパーな才能なメンバーにも見劣りしない歌とダンス。優しさと堅実さが武器だ。

褒めに褒めまくってるし、言ってることも当たってる。けど褒められてる気は全くしない。得意技の長野博が絡むとネガティブになる!が安定の作動。褒めるとこがないから無理やり優しい、堅実って言葉使ってるようにしか考えきれない。なんて思ってしまいます。馬鹿ですね。
歌も最近かなり上達してるけど、やっぱり上手い部類には入らないし、けれどダンスは~普通に上手いほうかなとは思います。ジャズ系だったりバレエ系はほんと映えますよね。
だけどやっぱり地味。特別目立つことはありません。食は抜かします。アイドルとしてです。

ここまでつらつらと書いてきましたが、これは昔の意見。何だよ散々語って~!って感じですが今は地味でもいいじゃん!と思うようになりました。心が成長したわけでもありません。長野さんにの優しさと堅実さがただの優しさ、堅実さではない事がわかったからです。例えばファームの関係者の方がブログで書いていた

全体からほとばしるのが、絶対的な、イイヒト感。NHKの別番組のプロデューサーが言っていたのは「長野さんは昔からイイヒト。そして、ずっと変わらない。やっぱり使われる理由は人柄なんですよね」

という言葉です。長野さんの優しさは偽物じゃない。それどころがその優しさで仕事を貰っている。優しさにはちゃんと意味がありました。優しさ=地味、だと思っていたのが私、恥ずかしくて消えたい....。私なんかが心配しなくても長野さんはしっかりその優しさ、真面目さを強力な武器にしていたのです。
日本の優しいの基準と言われるほどの優しさ。そう簡単に言われる言葉じゃないことなぜ今まで気づかなかったのか....。

私はまだまだ長野博のことを理解していないみたいです。一生勉強ってまさにこのこと!だから一生ついていきます!!結局、地味なあなたが好きなんです。あなたの「地味」には誰にも負けない「優しさ」がありますから。