舞台の距離感

フォエプラ再演決定ということで私の初現場であるフォエプラをこの機会に懐古したいと思います!


ーーーーーーー


セクバニは親の許可が降りなくて行けず、OMGは入試、入学オリエンテーションなど休めない行事とことごとく被り断念、そしてやっと念願の生長野くんを見れたのがこのフォエプラだったんです。

チケットは4列目の1番通路側、このチケットの価値も分からず何の心の準備もしないまま当日を迎えいざ会場に入ると

近い!!!!!!

えっ!?ナニコレ!?近すぎない!?しかも通路横だから出入り楽~!初めての現場でコレとかすごい!!!!(感涙)

舞台の距離感の近さにテンションMAX緊張MAXで開場前に飲んだドトールのミルクティーを戻しそうになりながらもドキドキしながら待ってると、ついに照明が落ち音楽が流れはじめました。

(うわ~遂に始まったよ....!!!)

....
........
............
................

ナニコレ全然長野くん出てこないんだけど()
明らかに舞台は始まってるはずなのに肝心の四人が舞台に全く登場せず私の頭の中はクエスチョンマークでいっぱいに。そうしてしばらく待っていると不意に後ろに人の気配を感じ何の気なしに振り返ってみると



長野博



....っ!?!?!?!?!?
パニック、あれをパニックと言わずに何と表現できるでしょうか。頭の中は真っ白になり自分の状況が全く理解出来ない感覚....。ただでさえ初めての現場なのに初めて私の視界に写った生長野博が手を伸ばさずとも触れられる距離、3cmも満たない近さで立ってるんですから!!!!

しかも、
真っ暗な中手に持っているロウソク一本だけで照らされているこの世のものとは思えない美しい顔....そして私の隣で美しい生歌を披露....

人間って怖いですね~
急に想像もしてなかったことが起きるとどうしたらいいのか分からず、結局二重の幅と左目上のホクロを見つめ続けるという謎の行為に走るという....


そしてこれだけでは終わりませんでした。
舞台の途中にお客さんをステージに上げてお客さんのピアノの伴奏に合わせて歌って踊るという演出がありました。しかも長野くんが後ろからハグ(してる様な状態)されながら一緒に弾いて教えて貰えるという特典付き。

やりたい子は手を挙げて~!
という声に控えめに手を挙げる私。
そうすると松岡さん演じるスパーキーが「いち、に、....4列目に座ってる控えめに手挙げてる女の子!」

私!?!?私なの!?!?

明らかに私を指さしニコニコ笑ってるスパーキー!
「よ~し!じゃあ迎えに行っちゃうぞ!」
とどんどん私の席に近づいてくる川平さん演じるフランシス。
どうしよ!?えっ!?嘘嘘....!!緊張のあまり目がくらみ死にそうになりながら待っていると


....あれ????


スっと私の横を抜けてくフランシス。そして私の後ろの席の女性を引っ張って行くフランシス。


そうです。確実にフランシスは間違えて私の後ろの女性を連れて行きました。私は放心状態。スパーキーも一瞬えっ?という顔をしながらも流石プロ。そのまま何もなかったかのように進んでいく舞台....私が上がるはずだったステージで長野くんにバックハグされながらピアノを弾く後ろの女性....正直そこから記憶が飛んでしまいました....覚えてるのは申し訳なさなのか同情なのかは分からないけどそこから異常な程に目の合うスパーキー....舞台の最初の方から結構松岡さんと目が合っていましたがそれ以上に合う視線。松岡さん、ありがとう救われました(泣)


ーーーーーーー


と、まあこんな感じになります。
この日の衝撃が多すぎて他公演は省略。

勢いに任せて打った拙い文章ですがここまで読んでくれた方ありがとうございます。